ハロウィーンの始まり

ハロウィンコスチューム
Pocket

みなさんは、ハロウィーンのイベントに参加したことはありますか?
もともと海外のイベントでしたが、最近では仮装することが楽しいことから、日本のあちらこちらでもイベントが行なわれています。
ハロウィーンは、独特の仮装がありますが、日本ですと関係なく、みなさん好きな仮装をしているようです。
所謂、コスプレというものですね。
コスプレが趣味という方も増えてきましたので、ハロウィーンは楽しくコスプレを披露できるチャンスでもあるでしょう。
さて、もともとハロウィーンとは、どのような行事なのでしょうか?
11月1日が万聖節となっていて、その前夜祭として、ハロウィーンの行事が行なわれています。
前日ですから、10月31日ですね。
その始まりは、2000年以上の前と言われています。
ケルト人の宗教的な行事が、やがて、キリスト教の行事に取り入れられたそうです。
ハロウィーンの意味として、亡くなった方がよみがえる日ということですから、日本に置き換えてみればお盆というところでしょうか。
そして、ハロウィーンと言えば、やはり仮装が有名ですよね。
ハロウィーンのシンボルでもある、カボチャをモチーフにした仮装や、魔女や幽霊の仮装など、コスプレのなかでもちょっと怖いものが多いですよね。
この仮装には、ちゃんと意味があるのですが、みなさん、ご存知でしたでしょうか?
ハロウィーンには、子供たちがちょっと怖い仮装をして、近所の家を回るのですが、この仮装で、徘徊している悪霊たちが逃げるということです。

パイレーツコスチューム

コメントは受け付けていません。