ハロウィーンのかぼちゃの意味続き

ハロウィンコスチューム
Pocket

生きているときに、悪いことをした魂は、天国からも地獄からも受け入れてもらえず、さまよっているということです。
真っ暗ななかを歩くため、悪魔から火種の石炭をもらって、転がっていたかぶの中をくりぬいて、その火種を入れて、ランタン代わりに使っていたという物語からきています。
もともとはこのストーリーのようにかぶだったのですが、アメリカにハロウィーンが行なわれるようになると、アイルランド人がかぼちゃを使うようになったとか。
アメリカでは、おばけかぼちゃが沢山作られていますので、それを利用するように変化したのですね。
かぼちゃのオレンジ色は、ハロウィーンのテーマカラーにもなっていますよね。
黒とオレンジは、ハロウィーンの仮装にも飾りつけにも多く取り入れられる色ですが、このオレンジはカボチャの色でもあり、また収穫を表す色でもあります。
そして、黒は死という意味を持ち、ハロウィーンは死者がよみがえる日という、そもそもの意味を色で表したことになります。
ご自分で仮装の衣装を作る際も、オレンジと黒を組み合わせると、簡単にハロウィーンの雰囲気が出ますので、お試しくださいね。
おばけとか魔女の仮装ではなくても、オレンジと黒の服を組み合わせて着るだけで、ハロウィーンっぽさが出ます。
同じくおうちやショップ、レストランなどのインテリアも、黒とオレンジを使うだけで、ハロウィーンの飾りつけになります。
テーブルクロスをオレンジにして、黒でアクセントをつけるだけでも素敵です。

パイレーツコスチューム

コメントは受け付けていません。